たま~に更新修理例 靴修理等のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

厚めのハーフソール

作業を始めてしまいましたが、慌てて撮影

下(右足)がすり減ってしまったソールですが、なぜ一緒にダシ縫いするの?
もちろん剥がれないようにと意味があるのだと思います。っが
交換するにはダシ縫い糸を切るしかないです。(すでに擦り切れてますが)

上(左足)ハーフソールを剥がした後です。

修理方法としては、同じようにハーフソールを貼ってから出し抜いをするか
次回の修理の事と糸の事を考えて、出し縫いをやってからハーフソールを張るか
料金は一緒なのでお客様に選択してもらいます。

今回は出し縫いを先にやってしまいます。
DSCF0638.jpg
麻糸にチャン(松脂)を染込ませまずは手縫いでダシ縫い

DSCF0639.jpg
ハーフソールはビブラム#2333トップリフトはビブラム#1205で仕上がりです。



お店の加湿器、2年に一度ペース買っている気がします。
前回は安いペットボトルタイプを二つ買いましたが
今年一つ壊れました。
残り数ヶ月一つで乗り切るか、ちょっと大きいやつ買うか・・

どうでもいい、独り言です。

bee ホームページ
スポンサーサイト
2011-01-26 : 靴修理 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

bee

Author:bee
さいたま市中央区下落合3-7-1で靴修理店をやっています。

毎日ではありませんが、本当にたま~に修理例をアップさせていただきます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。